新規上場の祝いや、年末年始(大納会、大発会)で景気づけとして、いわゆるご祝儀を込めた買い注文が多く出され、株価が多少高くなることを指す。