買い付けた株式の価格が下がってしまった場合、下がった局面の安い値段で更に同じ銘柄を買い付け、平均買付コストが下げるテクニックのこと。「難を平らにする…難平(ナンピン)」という意味かららしい。