1980年代後半から1990年代初頭にかけて続いた日本の好景気の通称。不動産・株式などへの投機熱が加速し、不動産価格や株価が高騰したものの、投機熱が冷めて急激に景気が後退した。景気が泡のように膨れて、突然はじけたことからバブル景気と呼ばれる。