銀行券、流通貨幣及び日銀当座預金の合計のこと。「ベースマネー」「ハイパワードマネー」などとも呼ばれる。「日銀が供給する通貨」を総称する量的金融指標の役割を担っている。