アナリストが予測した数値と企業側の計画数値が時間の経過とともに従来の予測や計画を下回って推移していることが明らかとなってきた時点でその数値を修正する.基本的には悪材料とみなされ株価を下落させる要因となる。