買付時に代金を支払わず、将来の一定期日まで代金の支払いが猶予される。通常、価格の上昇を予測して買い注文を入れる。
同様に売り注文を入れる時は、通常、価格の下落を予測して。先物取引は、将来の一定の期日まで、受渡しが猶予される取引である。