その日の売買立ち会いが開始し最初に行われる売買のことを「寄付き」といい、その時の値段を「寄付き値」という。