取得した株価が購入時よりも下落しており、売却したら損がでることがわかっていても、それ以上に損を上積みしないように決断し売却をすること。素早い損切は大きな痛手を避け、次の投資を行えることから投資家に必要な決断である。