企業が自らの余剰資金で市場に出回っている自社株を買い付けること。株主価値を高める為や買収されないように資本比率を高める。