信用取引における「信用買い」と「信用売り」のバランスを数値で表したもので、「信用買い残」÷「信用売り残」で計算される。貸借倍率は1倍以上あるのが普通だが、状況により貸借倍率が1倍以下となる場合には「将来的に値上がりする可能性が高い」として注目を浴びる。