信用取引にて、委託保証金の総額が、相場の変動等により必要額より不足してしまった場合に、追加保証金を入れなくてはいけないこと。