日銀の金融緩和政策の操作目標を従来の「短期金利」では無く、金融機関が日銀に保有する当座預金残高の「量」に置いた金融緩和政策のこと。すでに超低金利政策を実施し、政策金利を引き下げる余地がない状況の中で市場への資金供給を増やす必要がある場合に導入される。