政策として日銀などが政策金利の引き下げを行ったり、資金供給の量を増やすことを指す.金融機関の貸し出し金利の低下により、貸出の増加が見込め経済活動が刺激される。