上昇基調が続き、相場の勢いが鈍り伸び悩んだ状態のことをいう。ここからの上昇が見込めないパターンと、新たな材料次第で更に上昇するパターンを見極める必要があります。