株式公開とも言われる。経営陣など少数の特定株主のみが株式を保有し株式の自由流通ができない状態から、不特定多数の投資家が参加する市場で株式の自由流通が行われるように市場に新たに株式を供給すること。